愛して やまなぁい その ひとみ♪

吉澤ひとみさんを心から想う。
ダイバー 2013年 05月号 [雑誌] / ダイバー 2012年 07月号 [雑誌] / ダイバー 2011年 06月号 [雑誌] / ダイバー 2010年 06月号 [雑誌] / ダイバー 2009年 11月号 [雑誌] / funride ( ファンライド ) 2010年 03月号 [雑誌] / 吉澤ひとみ写真集 よっすぃー。 / 吉澤ひとみ写真集 「8teen」 / Hello! ヨッスィー / 吉澤 ひとみ Sadistic Dance / Hangry And Angry レコンキスタ(DVD付) / HANGRY & ANGRY-f Sadistic Dance(初回生産限定盤) / HANGRY & ANGRY,HANGRY&ANGRY HANGRY & ANGRY-f LIVE CIRCUIT 2010 “Sadistic Dance” [DVD] / HANGRY & ANGRY-f ドリムス(1)(初回限定盤)(DVD付) / ドリームモーニング娘。 ドリムス(1) / ドリーム モーニング娘。,アフタヌーン娘。 ドリーム モーニング娘。 コンサートツアー2011春の舞 ~卒業生DE再結成~ [DVD] / シャイニング バタフライ(初回生産限定盤)(DVD付) / ドリーム モーニング娘。 シャイニング バタフライ / ドリーム モーニング娘。  / ドリーム モーニング娘。スペシャルLIVE 2012 日本武道館 ~ 第一章 終幕「勇者タチ、集合セョ」~ [Blu-ray] / ドリーム モーニング娘。 目をとじてギュッしよ(初回限定盤)(DVD付) / ABCHO 目をとじてギュッしよ / ABCHO
ガッタス流
DVD『音楽ガッタスライブツアー 2010春 〜ガッタス流〜』

吉澤さんのカッコ良さと、梨華ちゃんの可愛さ&全力力。
2人の余裕の歌声とダンスパフォーマンス。
そして、ちょっと長めのMC。
バックステージ映像が無かったのが残念だけど、
収録時間が当初予定の80分じゃなくて良かった。

ライブ当日はメンバーが近くに感じられて良かったけど、
映像で見るとステージが狭く感じられる。
もしも、次があるのなら、もっと広い所で踊ってほしいな。

久々に見る多人数のパフォーマンスは、
吉澤さんソロや、h&Aライブとは違ったカッコ良さで、
これは、ハロプロ(じゃないけど)にしか出来ないクオリティだと改めて感動した。
とくに、「リゾナント・ブルー」…これは、もっと引きで見たかった。
全体を通して、仙石せんせいの進化が際立っていた気がする。

カバー曲コーナーも良かったけど、
音楽ガッタスの曲は、アルバムと同じメンバーで歌ってほしかった。
しかし、短い期間に、3人もメンバーが減ってるんだなぁ。
個人的には相変わらず、ガッタスと音楽ガッタスを一緒に考えたくないので、
アンコールの「ガッタス!」コールには、冷めてしまったけど、
澤ちゃんと武藤くんの抜けた穴は、とても大きいと思う。
ガッタス・音楽ガッタス両方にとって。勿体無いなぁと、今更…。

モーニング娘。リーダー時代の吉澤さんは、
肩に力が入って尖っていたけど(良い意味で)、
音楽ガッタスのリーダー・吉澤さんは、
思いっきり力が抜けているので、柔らかくて可愛い♪

現在、スポーツ関係の仕事が多く、「歌手・タレント」と表記されているのを見るけど、
もっともっと「歌手・吉澤ひとみ」を見たいなぁと、贅沢な希望。
夏は、ハロコンMCという、訳のわからない仕事が入り(-"-)、
そのあとは、シドニーマラソン。ロードレースも?
大好きなSTB…秋にはありますか?早くても10月以降だよね?
淋しいので、少し前のDVDを引っ張り出して見ている今日この頃。。。


11:29 | 音楽ガッタス | - | - | ふ〜。
ガッタス流@Zepp TOKYO
もう更新しない。。。
と言いつつ、どうしても書いておきたい事があったので、
まとまらないけれど、忘れないうちに書いておこうと。

○ステージで、キラキラ輝きながら歌い踊る吉澤さん。
梨華ちゃん・まいちんが傍に居る安心感。
後輩メンバーをまとめるリーダーシップ。
ソロライブやhANGRY&ANGRYライブを経て、
さらにカッコ良さを増したパフォーマンス。
いろいろな吉澤さんが見られる充実したライブだった。

○MCで、 「お仕事で、いろんなスポーツをやらせてもらってますが…」と言った吉澤さん。
歌やダンスを、アーティスト吉澤ひとみとして。またはhANGRYとして、表現する。
その他に、フットサル・ロードバイク・ダイビング・マラソンなどを、やらせてもらっている
「やっている」ではなく、「やらせてもらっている」。そういうニュアンスに聞こえた。
与えられたもの以外に、自分のやりたい事・好きな事を、
少しずつ出来るようになった喜びみたいなものを感じた。
もちろん、心配性のヲタとしては、思う事は多々あるけど、
吉澤さんが自分で挑戦しよう!と思った事なので見守るしか出来ない。

○「音楽ガッタスとして、またライブが出来るように頑張る。」
「ガッタスで試合をしたい。」という趣旨の話をした吉澤さん。
これは両方とも叶わないかもしれないけど、
吉澤さんをはじめ、メンバーの想いとして受け止めた。

○個人的には、アンコールの「ガッタス!」コールは、やっぱり出来なかった。
…しつこいけど、ガッタスと音楽ガッタスは違うものだから。

○つんPブログを読んでから、もやもや&イライラがどうにも収まらない。
「モーニング娘。やカントリー娘。時代に見せてくれよ!って感じ(笑)」
これって、なんなのよ!今までずっと吉澤さんの何を見て来たのだろうか。

○DVD販売は嬉しいけど、収録時間が、何故80分?
一体どこをカットするのだろうか。

○音楽ガッタスが、M-line clubから外れるとのこと。
今後は、自然消滅なのか?
メンバーのガッタス魂は燃えているのに。
そういえば、ガッタスサポーターズメルマガを登録したけど、
音楽ガッタス関連も、そこから情報が来るようになるのかな?
…と、相変わらず不透明なことだらけだ。


00:00 | 音楽ガッタス | - | - | ふ〜。
音楽ガッタス

音楽ガッタス2010-02


音楽ガッタス2010-01
22:23 | 音楽ガッタス | - | - | ふ〜。
音楽ガッタスDVDその
【ライブツアー2008冬】
・愛されたい 愛されたい
・悲しみトワイライト
・浪漫〜MY DAER BOY〜

とくに、この3曲を繰り返し見ている。
何度も見て楽しんだ上で、いろいろと考える。

音楽ガッタスは、外部のアーティストとの共演が無く、
単独ツアーかハロコンなど、身内で競うことが殆どで、
観客もヲタという、所謂身内で。
闘志溢れるガッタスメンバーを集めたはず
(自分は今でも理解し難いけど)なのに、
温室の暖かい環境のせいか、何処か緩い印象がある。
なんとなく『棘』みたいなものが感じられない。
吉澤さんが何処と無く中途半端に見えるのは、
自分がそんなふうに感じているからかもしれない。
対して、トワイライトと浪漫の吉澤さんが、
どうしてここまでカッコ良いのか?と考えたら、
曲の世界に入り込んでいる時の挑発的な視線が、闘う瞳だから。
ガッタスの試合で見せる、鋭い視線と少し似てる。
誰一人として寄せ付けないようなオーラを放つその瞳。
ヲタ寄りではない『アーティスト吉澤ひとみ』の、
魂を込めたパフォーマンスだからだと思った。
音楽ガッタスの楽曲も好きだけど。
笑顔溢れるパフォーマンスも好きだけど。
でもやっぱ、カッケー吉澤ひとみが一番好き。

02.Come Together
…吉澤さんの優しい高音と、
 いしよし♪ダンスの絡みが見どころ。
03.青春のカスタード
…これは、多人数より、ふたりの方が良いかな。
 前回のライブのチラリズムのが好きかも。
05.愛されたい 愛されたい
…初めて聴いた時から引き込まれた曲。
 ダンスがとにかくカッコ良い!そしてセクシー!
 何故、こっちがカップリングだったのか?と。
 梨華ちゃんと澤ちゃんのトコは、CDより断然良い!
10.悲しみトワイライト
…吉澤さんが完全に自分の曲にしている。
 超カッコ良いパフォーマンスを生で見たかったな。
16.カラゲンキ
…アップばかりで、パート部分しか映っていないので、
 せっかくのパフォーマンスが見えないのが残念。
 これも前回のハットのが好きだな。
21.浪漫〜MY DEAR BOY〜
…吉澤さんはじめ、元、娘。は、ダンスが半端無い。
 歌・ダンスすべてに力の入れ具合が違ってるように見える。

ステージが狭いのと、
MCが無駄に長過ぎること、
そして、アンコールが「ガッタス!」
(しつこいぞ自分!)。
これ以外は、曲数が多く、かなり楽しめた。
続きを読む >>
00:35 | 音楽ガッタス | comments(0) | - | ふ〜。
音楽ガッタスDVD
ライブツアー2008冬DVDを見た。

愛されたい 愛されたい…すごいじゃないですか!これ大好き!
エロカッコ良いダンスが最高!!!
悲しみトワイライト…元から吉澤さんのソロ曲みたいに見えた。

吉澤さんのキレのあるダンスは、やっぱカッケー!
そして、梨華ちゃんの眼差しの全力力は凄いなぁと思った。

8人になったメンバーが楽しそうに歌い踊っていた。
それぞれの成長が見えて1曲1曲は良かったのに、
途中のトークが無駄に長過ぎて、熱気が一気に冷めてしまったような感覚。
ひとつのステージとしての全体的なまとまりが無いように見えた。
これが『音楽ガッタス』というものだよ?と言われるかもしれないけど、
やっぱり吉澤さんには、もうちょっと尖った所を目指してもらいたいな。と。
そこで気になったのは、吉澤さんから見えた僅かな不安定な空気。
具体的にハッキリとはわからないんだけど、声の出具合とか、
なんか、一本ビシッとした芯のようなものが見えないと言うか。
何かに迷い始めた時期だったのかも。
それが今も続いているんじゃないかな?なんて思った。


続きを読む >>
23:43 | 音楽ガッタス | comments(0) | - | ふ〜。